消防官は、地方自治体の消防本部や消防署に勤務する地方公務員です。消防官になるには、各市区町村に設置されている消防本部が実施する採用試験に合格する必要があります。採用されると各市区町村の職員として勤務することになります。

 採用試験は受験資格によって大きく4つにわかれており、Ⅰ類は大学卒業程度・Ⅱ類は短大卒業程度・Ⅲ類は高校卒業程度となっています。

 その他、専門系として建築・電気・電子・通信・化学・土木などの専門知識を持っている人が対象になる試験もあります。

 



各都道府県の消防署HPにリンクしています